複数社登録するメリットとは?

得意分野が違う

薬剤師の求人サイトやコンサルタントに複数登録する方が良いのはなぜでしょうか?一つに、求人サイトごとに得意分野やサービスが違うことが挙げられます。一見同じように見えたりランク付けされている求人サイトですが、実はコネクションや活動エリア、得意とする分野が異なっています。

これにより必ずしも、「利用者満足度一位!」と歌うサイトやランキング一位のサイトが自分にぴったり合う訳ではないのです。これには薬剤師の職場が豊富にあることが関係しています。薬剤師の典型的なイメージは確かに薬局での調剤かもしれませんが、それが薬局なのか病院なのかあるいはドラッグストアなのか、製薬会社なのか大学の研究施設なのかで随分と業務内容が変わってきます。地方の調剤薬局の情報に強い求人サイトもあれば、大手企業の一般非公開の求人を専門に扱う業者もあります。すべてを見比べながら転職先を探す方が、情報量や選択肢の数という面で明らかに有利です。

優良な業者を見分ける

転職サービスを展開する求人サイトやコンサルタントは、すべてが優良な業者という訳ではありません。転職はスピードが求められる分野でもあります。これがエージェントや担当官からののんびりした連絡や、逆に電話が頻繁で迷惑になるというケースもあるでしょう。こういった流れや状況は利用してみないと分からないこともあります。一つだけに絞って利用登録してしまうとこのようなデメリットを回避できず、ズルズルと業者のペースに引きずられるがままになってしまうでしょう。

複数社に登録して最も自分のペースや希望に合うところを利用することで、快適でストレスの少ない転職を進めていくことが可能になります。中には悪質な業者も存在します。初めて利用する場合は特に、この求人サイトや転職業者が良いのか悪いのかよく分からないということもあるでしょう。しかし複数の業者に登録しておくことで比較ができ、より親切でケアに優れる業者を見つけることが容易になります。

細かいケアや情報を知る

面接や転職全体の大変さは同じですが、だからこそ履歴書の記入指導やスケジュールのマッチング、面接指導や同行サービスなど、ディテールに優れる業者の方が転職活動もスムーズになります。同じ求人情報だったとしても、複数社から情報を得ることで、さらなる情報収集が可能になります。

あるサイトでは基本情報しか扱っていないところでも、他の業者は社内の人間関係や雰囲気、企業が好む人材や面接時の対応などまで把握してることもあります。