現場で薬剤師に求められていること

患者さんに寄り添う

薬剤師の供給過剰や超高齢化社会が叫ばれる中、薬剤師に求められるのはどんなことでしょうか?やはり、個人の必要に沿った付加的なサービスを提供できる能力は貴重です。薬剤師は薬を調合するのは基本的な業務とはいえ、高齢化社会では治療サービスの複雑化や最適化が必要になります。

そういった時代の中でここに合わせて薬を提供するというのは重要であり、かかりつけの薬剤師とも言うべき存在を示すことが出来れば最善でしょう。これらは薬剤師の調剤能力というより、人間性やホスピタリティーによります。患者さんの信頼を勝ち得るには、やはり人間味のある親切な対応が不可欠です。そのようなサービスにより地域の信頼を得ることで、薬のことを相談したいと思ってもらえるような薬局ができれば最善でしょう。

コミュニケーション能力を磨く

薬剤師として完璧な存在になる必要はありません。それらは経験や年月と共に身に付いていくものと関係しています。それよりも、困難があっても学ぶ姿勢を失わない強さが求められるでしょう。職場で信頼を得るには時間が必要です。職場ごとに、求められる作業内容やポジショニングは変わってきます。そういった環境の変化に対応し、あるいは慣れるまで諦めないエネルギーがあれば、やがてそれなりに働きやすい場所だと感じられるでしょう。

それにはコミュニケーション能力も必要です。コミュニケーションが苦手だとしても、数をこなすうちに慣れていくものです。会話には正解も理想もありません。相手に敬意を持ち正直に意思を通わせることで会話は成立します。それを同僚や患者さんと繰り返すことで、やがて会話のプロではなくてもスムーズに意思の疎通ができる人へと成長します。時間がかかることを意識しつつ、あきらめずに取り組んでいきましょう。

作業の正確さを鍛える

調剤作業を正確にこなすことは、言わずもがな重要です。薬剤師は、ミスが命取りになる厳しい世界でもあります。服用する患者さんの命を預かっているとも言える薬剤師は、基本的に丁寧な作業を繰り返しこなせる集中力と精神力が必要です。そういった基礎的な強さを持っている人が向いています。

簡単なことではないため、日々の自分の責任やすべきことにしっかり取り組む習慣を、普段から鍛えておくことが大切です。ここに挙げたことは必ずしも薬剤師に必要なことではありません。こういったことを無視しても就職は可能です。しかしコミュニケーションや作業への精通を目標とするなら、自分の仕事を楽しむエネルギーとなるでしょう。