派遣薬剤師という選択もおすすめ

シフト制での勤務

派遣で正社員ではないため、シフト制で自由な勤務スタイルが実現できます。薬剤師は休みの少ない厳しい仕事です。それがアルバイトやパートと同じようにかなりの程度自由にシフト調整できるのは、特に家庭と仕事を両立したい女性にとって非常に便利です。

派遣で正社員でないということにより、残業がなく帰宅時間を一定に保つのが容易です。非常に忙しい調剤薬局やドラッグストアで働く場合、残業は原則なしと歌っていても、やはり忙しい時期には抜けるに抜けられないというケースが非常に多く見られます。しかし派遣薬剤師の場合は派遣会社との契約が優先されるため、現場の状況に左右されにくく自分の都合を守るのが容易です。タイムカードで時給管理されるため、残業したとしてもきっちりその分を回収できることもメリットとなります。

高時給が最大の魅力!

そして、何と言っても時給の高さは最大の魅力でしょう。時給3,000円は珍しくなく、場所によっては4,000円という条件も見られます。派遣薬剤師の時給が高いのは、それだけ必要とされるところに派遣されるからです。

時に薬剤師過剰時代とも揶揄される環境ではあるものの、薬剤師全員が調剤業務に携わっているわけではないため、現場では常に人手不足が観察されます。そのような最も需要の高い現場へ飛び込んでいく派遣薬剤師は、正社員と比べても時給換算で上回ります。ボーナスや福利厚生を含めるので単純比較は出来ないものの、時給だけで考えれば同じ職場・同じ役職で年収100万円の差になることもあります。

デメリットもある

それだけを見ると良いこと尽くしの派遣薬剤師ですが、もちろんデメリットもあります。最大のデメリットは、同じ勤務地での雇用期間が原則1年間と定められていることに尽きるでしょう。しかも1年間きっちり働けるのであれば良いのですが、現実には1年間で2回ほどの転勤(派遣先の変更)があるようです。

これが負担だと感じる人は多く、新しい職場に何度も一から馴染まなければならないことや、せっかく理想的な環境の職場に出会っても長くいられないというのは確かにマイナス点でしょう。加えて、時給だけで見れば正社員を上回るため、仕事を多めに回されたり押し付けられるというのは派遣なら誰しもが経験しているようです。正社員のひがみというケースもあるものの、そもそも派遣薬剤師が行く現場は人手不足ゆえに派遣を依頼します。そういったデメリットもあるものの、勤務スタイルがピッタリなら天職となり得るのが派遣薬剤師です。