薬剤師の活躍する場所は?

定番の薬局

薬剤師と聞くと薬局を思い浮かべるかもしれません。薬局では、患者さんに薬を出す「調剤業務」があり、これが薬剤師のイメージそのものの作業でもあるでしょう。調剤は単に薬を探して袋に詰める作業ではなく、処方箋のチェックや患者さんの服用履歴、重複投薬のチェックや相互作用の確認、さらには患者さんの保険証の確認なども含まれる、各人事項の多い忙しい作業です。

薬の用意が完了すると患者さんに渡すのですが、この際の服薬指導にもかなりの注意点があります。薬の服用の仕方は設計・製造時に厳密に決められており、これを薬について何も知らない人に理解してもらわなければなりません。飲み方や飲むタイミング、飲み合わせについての説明も重要です。これらを毎日何度も何度も繰り返すのが薬局での仕事です。

薬局とは違うドラッグストア

あるいはドラッグストアでの薬も馴染み深いものがあるでしょう。調剤室併設というドラッグストアでない限り、法的な責任の伴う処方箋による調剤や薬歴管理はできません。一般的なドラッグストアの場合、一般医薬品の販売や相談業務が通常の作業内容となります。調剤業務がないため簡単な仕事かと思いきや、販売する市販薬やサプリメントの数が非常に多いため、それらに精通するという膨大な仕事が待っています。

それらの効果やなぜ効果があるのか成分に関する知識、飲み合わせや相乗効果、あるいは逆に危険な飲み合わせやアレルギー体質の人への注意事項など、把握しておくべき情報は非常に多くなります。さらには売り上げの管理やレイアウトの手入れなどの販売面での作業も含まれる可能性があり、ある意味変化に富んだ作業内容でもあります。

製薬会社

あるいは、製薬会社で直接薬の製造にかかわるという仕事もあります。新薬を開発する創薬の分野や、治療のコーディネイトを行うCRC、医薬情報の提供・管理を行うMRといった立場も、薬剤師の資格が求められる分野です。

創薬は、まさに製薬会社の根幹を成す事業です。一つの薬を作るのに膨大な作業が関係しています。研究の開始から臨床実習、認可の取得と実際のマーケティングなど、薬の知識だけで行える作業ではありません。高度な医療や化学の知識、実際に作業を行う能力が総合的に求められ、薬を作るスペシャリストが携わる仕事です。CRCやMRといった仕事は、医療機関での被験者のケアや情報収集、製薬会社と医療機関を結ぶ仕事であるため、これもまるで別の職種化という程作業内容が違うことが分かります。