薬剤師の転職までにかかる平均期間

平均は一年ほど

あくまで目安ですが、早くて半年、平均的には一年かかるのが通常のようです。新卒でもなく勤務しながら希望の就職先を見つけるとなると、アルバイトを探すように簡単にはいきません。転職に失敗しないようにするにはどうすればいいでしょうか?

まずは、ランキングサイトを鵜呑みにしないようにしましょう。求人サイトやコンサルタントによって得意分野が異なります。希望する分野で強いコネクションを持つコンサルタントをしっかり選ぶことで、そもそも自分の目指すフィールドで勝負することが可能になります。病院への転職に強いサイトでしょうか、調剤薬局のデータが豊富でしょうか、ドラッグストア業界の動きに詳しいでしょうか、あるいは製薬会社の非公開求人をたくさん所有しているでしょうか?そうした内容を見極めることで、間違いの少ない転職を進められます。

コンサルティングの内容

薬剤師として企業へ転職していくには、時に複雑なプロセスを踏まなければなりません。現場で必要とされる人材は逐一異なったり、タイミングや専門分野での知識なども関係するからです。そうした場面で成功を収めるには、コンサルタントの技術やコネクションが重要になります。もちろん、最善を尽くしても希望通りの結果にならないこともあるため覚悟は必要なものの、事前の入念な準備やそれを実現できるコンサルタントの腕や経験も無視できないのです。

このことから、あまりに若く見えるコンサルタントや連絡が遅いコンサルタント、あるいは希望している求人を提供できないコンサルタントには気を付けてください。ご自分の就職活動がとん挫する可能性もあります。こうしたことは公式サイトを見たり口コミを読んだりするだけでは分からないものです。利用し始めてからも、違和感を感じたら撤退するのが最善です。

自分の求めるものと合致するか

求人コンサルタントにもノルマや条件があります。完全にのんびり自分に合わせてくれるわけではないのです。そのためノルマや売り上げ達成のために乱暴に紹介する業者や、転職を幾分無理やり進めようとする悪質なものも存在します。紹介料の安い病院、手間や時間のかかる交渉を伴う企業へは乗り気でないコンサルタントがいれば回避しましょう。

完璧な職場探しは出来ないものの、最低限譲れない何かの条件を妥協せざるを得ない的外れなコンサルティングは、転職後の生活を辛いものにする可能性があります。失敗を避けるためにも、希望する内容を絞りコンパクトな交渉になるよう努力しましょう。