薬剤師求人探しで気をつけること

何を求めるかを考える

薬剤師の求人では、つい給料や通勤時間などに目が向き、人手不足で求人に困らないように感じて安易に選んでしまうかもしれませんが、やはり背景を注意深く考えるべきです。安易に選んだ結果前の仕事場よりも後悔するような環境に入ってしまったという声も沢山聞かれます。求人では何に注意すべきでしょうか?

まずは希望条件を明確に整理しておきましょう。自分がなぜ以前の職場をやめ転職したいと思ったのか、その理由や内容に優先順位を付けるということです。これを忘れると、新しい職場を探すのに明確な理由がないことになります。もちろん、完璧な仕事や職場はありません。どこにいってもそれなりに苦労する環境や辛い理由などは見つかるものです。しかし自分が特に辛いもの、辞めたいと思わせるまでに避けたい条件を理解していれば、相対的に以前より優れた職場を探しやすくなるでしょう。それには仕事内容や収入、働きやすさをバランスして考慮する必要が生じます。

求人内容を深く知る

求人内容をよく読んでください。これは薬剤師の転職時に限らずすべての職種で共通することですが、小さい求人広告だとしてもしっかり読み込み、何が書いてあって何が書かれていないかを把握してください。「年収○○万円可」「経験者優遇」「残業無し」などの宣伝文句は、いつでも実現可能な内容でしょうか?

そういった点は電話や面接時にしっかり確認する必要があります。例と紹介されている収入は年齢や経歴の条件付きであったり、残業無しというのは平常時で忙しい時期は全員残業していたり等が考えられます。初心者、ママさん薬剤師歓迎と謳われているにも関わらず、現場ではそのような支援体制が全くないということも現にあり得ます。内容・面接時の質問でしっかりと確認しましょう。

大手やブランドがすべてではない

大企業や大手に就職したくなるものですが、就職先は自分の直感や観察を無視せず、本当に続けていけるところか冷静に考えましょう。面接前に申し込んだ最低要求条件を思い出してください。どうしてもこれだけは譲れないという優先順位を書き出しておくと、面接時や見学時の緊張や興奮で冷静さを失うことを避けられます。

給料がわずかに高いことや通勤時間が短いことよりも、求められる作業内容や現場の雰囲気に違和感を感じたことの方が断然重要です。自分の能力や職場のメリットと、求められる作業内容や環境の条件を冷静に分析してください。大抵の場合、ちょっとしたメリットよりもマイナスの少なさの方が続けていくのに有利です。