大手企業への転職に必要なこと

求人の情報量

まずは企業薬剤師への転職に強い求人コンサルタントを探す必要があるでしょう。企業が募集する薬剤師の求人は数が少ないのが特徴です。それこそ調剤薬局やドラッグストアなどの求人の方が圧倒的に多く見つけられます。とりわけ一般に公開されない求人も少なくないのが実情で、情報集めの段階でハードルが高くなります。

こうした面で、一個人よりも転職に関するスペシャリストの方がはるかに情報量やノウハウの面で有利です。大企業への転職となると非常にハードルが高く、求人を見つけることさえ不可能な場合もあります。企業薬剤師の求人情報を持つサイトを見つけ上手に活用することで、まずは転職への第一歩を踏み出しましょう。

面接に備える

企業への転職にはハードルの高い面接も含まれます。新卒であれば半ば顔合わせのような面接もあるものの、企業への転職となるとハードルは比べものにならないほど厳しくなります。履歴書はもちろん厳しくチェックされます。書き方やアピールポイントは生半可では通りません。企業に採用されやすい書き方を知る必要があり、それは専門家である求人コンサルタントに任せる方が優れています。

面接そのものも採用されるか否かに大きく影響を与えるため、受け答えはもちろん質問の傾向や求められる資質をアピールするテクニックも身に付けているべきでしょう。こうしたことは事前に準備していなければ、とっさに合わせたり披露したりできるものではありません。求人コンサルタントの支援サービスなどをフルに活用して、自分に出来る最善の準備をしていきましょう。特に面接指導や同行サービスを提供できる業者を十分に利用するなら、いざ本番で失敗するというリスクを可能な限り減らせます。

業務内容を吟味する

企業では、薬剤師だからといって調剤業務に携わるわけではありません。むしろ患者さん相手に調剤をすることはなくなり、営業や研究職といった分野での経験やスキルが求められます。中にはそれが自分の得意分野だという方もいらっしゃるかもしれませんが、患者さんとの直接のやり取りや感謝されることに魅力を感じている人は、企業への転職には何もメリットがないと言えます。

地方や病院を回る営業活動、企業方針に則った働き方、営業ノルマや実績を出すプレッシャーがあることを理解していなければなりません。高収入のMRという医薬品の営業職などは、医師と3分話すのに3時間待つ仕事と言われています。そうした働き方に馴染めるかどうかも企業への転職を考える判断要素になるでしょう。