薬剤師の転職に失敗した場合にできること

失敗から学ぶ:薬局への転職

薬剤師が転職に失敗するのは幾つか理由があります。これには求人コンサルタントの見極め不足や自分の希望条件のあいまいさが原因となる場合があります。失敗に関する理由やエピソードを見て、その教訓を反面教師としてご自分の転職に生かしてください。例えば、地方の中小規模の薬局への転職は、比較的高い給与と人手不足からくる安定した仕事に目が向きがちです。

しかし管理体制がルーズであったり形式上の作業などがあり、法律上しっかり行うべき監査も適当に行われていたりと、それまでの環境と随分違う雰囲気に悩まされる人がいます。個人経営や地方限定の企業であれば転勤などの可能性も大幅に減るものの、半強制的な飲み会や接待などにストレスを感じる方も見られます。そして個人でも急に重い責任がのしかかることがあり、責任を問うシステムが現場の上司の気分次第というケースもあるようです。これにはやはり事前の情報と入社後とのギャップを少なくする情報収集力が必要でしょう。

病院への転職

病院での薬剤師勤務は休みの無さや給与の低さがデメリットとなるものの、専門性のある働き方や現場での対応力を養えるというメリットがあります。しかし病院はある意味特別な空間で、独特の縦社会や階級に対応せざるを得ないケースは少なくありません。病院内の情報は目に見えないものです。そうした内容までしっかり答えてくれるコンサルタントを選ぶことが出来れば、入社後のストレスや想定外の状況を減らすことが可能になるでしょう。

専門性の高さはハードルの高さでもあります。その分野でしっかり打ち込める自信がない場合、転職後の生活は容易に難しいものへとなってしまいます。特にがんなどの病気を専門的に扱う病院や認定薬剤師が前提の求人の場合、最初から求められるハードルが高い場合、自身の向上心が実力に伴っていなければ辛い生活が待っています。自分の実力を見極め続けられる職場であるかどうかを冷静に判断しましょう。

企業への転職

企業や製薬会社での研究職への転職もハードルは高くなります。結果が求められる現場で、自分のもつ強みや経験が生かせず、結果としてノルマ未達成や事務職への移動を任じられるなどの状況も生じ得ます。

自分のやりたい・目指したい分野とその求人が一致しているかどうか、事前に可能な限り調査しましょう。企業の中では企業理念や方針に従わなければなりません。求められるスキルと自分のもつものが一致するかどうかしっかり確認しましょう。