転職が有利になるスキルアップとは?

がん薬物療法認定薬剤師を目指す

「がん薬物療法認定薬剤師」は、文字通りがんという一分野に関する専門的な知識や技能を持つ薬剤師の資格です。周知されているとおり、がん治療はステージによって複雑な治療が必要になるため、薬物療法を提供する観点からより適した治療法を提案します。言い換えるとがん薬物療法の認定薬剤師であり、他の分野の医療スタッフとも連携して投薬の提案や最適な治療法を見出します。

加えて、がんの薬物療法には副作用などのマイナスイメージがつきものです。そうした面での患者さんや家族のケアも含まれ、薬がどのように作用するか分かりやすく説明し、副作用などについても情報提供して理解を得、判断できるようにすることも仕事です。がん治療は特に難しい治療の一つであるため、患者さんが負う負担も大きくなりがちです。副作用に関しては、軽減や解消に努めるアフターケアも必要になってくるでしょう。副作用などの苦痛を出来るだけ抑え、より快適で穏やかな治療になるよう尽力します。

臨床検査技師という資格

「臨床検査技師」とは、医師の指示に従い患者さんの血液や尿、便、脳波などを検査する仕事で、直接に薬剤師の業務と関係するものではありません。作業内容は検査であり、患者さんの血液や尿などを検査して病気や症状の原因発見に努め、組織片を採取して細胞の標本作りを行ったりする検体検査なども行います。

さらには脳波検査や心電図検査、心音図検査なども含まれ、患者さんの身体的なデータを採る生理学的検査(生体検査)も行います。最近ではこれらの作業が細分化されており、がん細胞の発見に関して専門の機器が技法を扱う細胞検査士(スクリーナー)というがんの早期発見をサポートするような職種も生まれています。調剤というよりは医療現場そのものといった作業内容ですが、薬剤師の資格を有する人は取得が容易になる資格です。

精神科薬物療法認定薬剤師の専門性

「精神科薬物療法認定薬剤師」は、精神疾患の患者さん向けの薬を専門的に扱い、薬物療法による病状の治療や社会復帰を視野に入れた医療サポートを行います。また一種の認定薬剤師であるため、とりわけ向精神薬に関する高度な知識を有していることが証明される資格です。

医師や患者さんに薬物療法の観点から解決策を提案し、症状改善や根治に向けたサポートを行います。精神疾患の薬物療法には苦手なイメージを持つ方も少なくありませんが、副作用などの不安な面についてもしっかり説明やサポートを提供します。こうしたスキルや資格は転職時に一目置かれる強みとなることでしょう。