薬剤師転職成功率を高めるコツ

面接で

転職は、やはり企業との面接が最大の関門となります。よほど特別な経歴やスキルを持っていない限り、面接での印象が採用されるかどうかを左右するのは仕方のないことです。面接で良い印象を与えることが出来れば、採用率や成功率をぐっと高めることが可能になります。

面接で人の価値が決まるわけではないものの、面接で人を見る立場にある人はその人の人となりを可能な限り知ろうと努めます。それには物腰や話し方、その背後にある態度や価値観から観察するしかありません。そこで積極的で強力的な姿勢を見せることは重要です。信頼関係を築くことができれば、それがその後の業務や勤務に影響します。はきはきと責任感を感じさせる態度で、真摯で正直に物を言う方法を身に付けましょう。

協調性を示すことで

転職の成功には、無事採用されるという一瞬だけでなくその後実際に働く中で仕事に馴染んでいく必要があります。これは時に非常に難しくなることがあります。どうしても以前の職場と比べてしまったり、以前の方法が優れていると感じることがあるからです。

しかし大切なのは、その職場で信頼を得ることであり自分の存在感を示すことではありません。協調性を示す人には自然と信頼を寄せやすいものです。それはその後の昇進やさらなる責任を委ねられることへとつながっていきます。色々と言いたいこともあるかもしれませんが、まずはその職場で常識となっている作業や習慣に理解を示すように努めましょう。信頼やそれなりの地位を得てから、自分の方法で物事を変えていけるかもしれません。特にマネジメントスキルやマーケティングの分野での経験やノウハウがある人は、管理職としての方向で仕事を優位に進められる可能性もあります。

スキルを身に付けることで

もちろん、特別なスキルも役に立ちます。薬剤師としてさらなるスキルの高さや付加価値を示す「認定薬剤師」の資格を目指すのもその方法の一つです。認定薬剤師とは、簡単に言えば薬学や医療に関するさらなる専門知識を取得し、研修でさらなる単位を取得した人に与えられる資格です。

資格を取るには時間もお金も必要ですが、最新の知識を有しており医療にも精通していることを証明する資格となります。注意すべきなのは、有効期限があり定期的に更新をしなければならないという点ですが、一般的な薬剤師と比べて明確に付加価値を付与することができます。こうしたスキルや資格をもって、薬剤師としての転職を成功させるよう努めていきましょう。