求人サイトごとに異なる得意分野

求人の内容

主に、非公開の求人に対するアンテナの張り具合が異なってきます。非公開の求人は大手の製薬会社や外資系のCRC(治験コーディネーター)などの求人に多く、企業の公式サイトからでも応募できない非公開求人は、転職コンサルタントのコネクションや交渉技術によります。

こうした求人が多いかどうかは、そのサイトの強みや得意分野を物語っていると言えるでしょう。一般的な職場が多いでしょうか、それとも製薬会社やMR(医薬情報担当者)、CRA(臨床開発モニター)などの求人も豊富に扱っているでしょうか?ドラッグストアの情報が多いでしょうか、あるいは地方の調剤薬局の情報に強いでしょうか?そうした内容や求人の傾向を見て、自分の目指すジャンルがたくさん扱われているか分析しましょう。

実際の転職に関わるサービス

転職に関する支援サービスやサポート内容も変わってきます。求人コンサルタントは、転職に関するあらゆるサービスを提供しています。しかしその中でも、利用者の職歴証明書や履歴書の書き方で定評のあるところや、面接指導や同行サービスが充実しているところ、個人的な条件に合う仕事場を探すうえで、一軒一軒回って調査するなど現場の情報力やきめ細かいサービスを提供するところなど、求人サイトのサービスそのものの得意分野も異なります。

基本的にはどれも充実した転職支援サービスを提供していると謳うものですが、実際のサービスを見て自分の欲しいサポートが得られるか観察してください。「職歴や自分の条件は発揮しているものの、面接にとにかく自身がない」「転職には不安はないものの、自分の適性や得意分野が今一つはっきりしていない」といった場合に、まずは無料登録と担当者の相談によって感触をつかんでください。

おすすめサイト

例えば「薬キャリ(エムスリーキャリア)」は、就職先のスピード紹介で最短で即日10件の求人を紹介できるという強みがあります。選択肢が多く希望の条件を細かく設定することが可能で、微妙に条件が違う場合は直接企業側へ交渉してくれる技術を持っています。これによりキャリアアップやより働きやすい職場へと案内するサービスが充実しています。

このサイトも一般には非公開の求人を多数取り揃えており、好みの条件にあう職場を探すために対象エリアの職場を一軒一軒尋ねて調査できる地力があります。これはほんの一例ですが、求人サイトを選ぶ際は自分の苦手分野やサポートが欲しい分野でサービスが充実しているか見てみましょう。