薬局勤務で大変なこと

患者さんとのコミュニケーション

主に患者さんとのやり取りが苦労の原因となるようです。例えば、アンケートの記入や質問に対する答えがあいまいだったりウソだったりというケースが非常に多いようです。薬を処方してもらうにあたり、今飲んでいる薬があるか、併用できるかどうかはとても大切です。

初めて行く薬局ではアンケートを記入し、今の自分の薬を服用している環境などについて簡単に記入します。しかし、これが人によっては面倒で、書かなかったり適当に記入するため正しい調剤や服薬指導の妨げになります。「現在服用している薬:なし」と記入する・返答するにもかかわらず、最終的に確認すると実は幾つか飲んでいるということもままあります。しかもそのようにしたのは面倒で大して重要ではないと思っているからというケースも。薬の飲み合わせは、場合によっては重大な健康被害につながりかねない大切な確認事項です。

おくすり手帳をめぐる戦い

もう一つ薬剤師にとってストレスの原因となるのは「おくすり手帳」です。おくすり(漢字表記も同じ)手帳は、今まで服用してきた薬の種類と量、現在服用している薬のデータを記録した手帳です。これがあれば服薬に関する治療の引継ぎが簡単に行えるうえ、患者さん自身も自分の投薬治療の履歴を見ることが可能になります。

これが2016年の調剤報酬改定により、一部の薬局に限られるもののおくすり手帳を持参した場合は薬剤服用歴管理指導料が低くなるように設定されました。つまり薬が安くなるということです。しかしこれによりおくすり手帳の作成や持参を強要されていると感じる人がいるようで、おくすり手帳を持ってこないと高くなることに腹を立てる人や、その理由を苛立たしく尋ねる人が増えたと聞かれます。こうしたしわ寄せが薬剤師にいくのは残念なことです。

調剤業務のプレッシャー

薬剤師の仕事は基本的には調剤です。これによりある人は「薬を棚から探すだけの簡単な仕事で高い給料もらって、薬剤師は簡単な仕事で苦労しない」と思っている節が見られますが、薬剤師はミスの許されない神経を使う仕事です。これを理解してもらえず嫌味などを言われた日にはかなり辛いという薬剤師は少なくありません。

正確さ命の調剤に加え監査や服薬指導、薬歴記入などの仕事にも失敗が許されない、ストレスの多い仕事でもあります。こうしたことへの理解の不足や乱暴な発言は、多くの薬剤師が一度は経験する仕事上でのストレスです。薬局は薬剤師の本領ですが、楽しいことばかりではないのが現実です。