古家庵(赤坂)韓国オモニ料理│MAKIE(園山真希絵)の才色兼備のレストラン 小学館の女性雑誌総合サイトFAnet

 
Regular Contents FAnet TOP 連載コンテンツ一覧 CLOSE
MAKIEの才色兼備のレストランin TOKYO
前の記事次の記事
古家庵<赤坂>
ちっちゃなちゃぶ台、李朝の古めかしい民芸品、座布団に畳敷き・・・・。まさに古屋の庵といった趣で、古代にタイムスリップしたかのよう。と、思ったら、そこに「冬ソナ」のテーマ曲が流れてきちゃったりして。「100年前の韓国の民家を再現したんです。私の育った家は、こんな感じだったんですよ。でも最近は、現代SONGにはまっちゃってね。過去と現代の融合もいいでしょ」と、茶目っ気たっぷりで話すのは、店主・安貞愛さん。
日本が好きで、10数年前に祖国、韓国を離れ、日本にやってきたおかみさんが、8年前に開いた韓国家庭料理店が、この『古家庵』。お店のコンセプトは、野菜たっぷりオモニ(お母さん)の味、だそう。自分で食べたい・子供たちにも食べさせたい安心料理を提供したいと、おかみさんの優しさ溢れる思いがぎっしり詰まってます。
img
img メニューを開くと、確かに、野菜、野菜のオンパレード。中でも気になったのが「野菜の味噌汁(\2,200)」です。味噌汁にしてはお値段が高めでは?と思い、どんな料理かたずねてみると、「野菜だらけの味噌鍋のようなものです」と安貞愛さん。鍋ほど味は濃くなく、韓国の家庭でよく食べられる味噌汁をただ鍋に入れただけなので、あえてメニューには鍋と明記せず、味噌汁としたそう。さっそく、オーダーしてみることにしました。
地獄谷のように、ボコボコ気泡が沸いた鍋(味噌汁)が運ばれてきました。見るからに熱そう。でも、熱いのがご馳走。スプーンですくって、ふーふーしながら頂きます。野菜とお味噌の美味たるヘルシーコラボ、う〜ん、ナイスコンビ。
具材は、じゃがいも・長ネギ・青唐辛子・赤唐辛子・椎茸・あさり・そして韓国南瓜。この韓国南瓜、見た目も味わいもズッキーニのよう。日本の南瓜より、水っぽくて固くて甘みがない。煮崩れがなく、癖もないから鍋向き。うん、しゃっきり歯応えいい感じ。野菜はすべて小さな角切りになっていて、食べやすい。韓国の味噌汁は、箸を使わないでスプーンでいただくので、コロコロ野菜も、ちゃんと捕まえられます。でも、時々、顔を出す青唐辛子をかじると、さぁ大変。辛いのなんのって・・・。でも、辛みは一瞬にして引いていきます。青唐辛子も赤唐辛子も、辛み成分カプサイシンが代謝を良くする上、ビタミンCも豊富だから、美容には最適です。
(写真左上)「野菜の味噌汁(\2,200)」…中身は、韓国かぼちゃ・じゃがいも・青唐辛子・赤唐辛子・長ネギ・椎茸・豆腐・あさり。野菜は全部角切りになっていて食べやすい。
(写真左中)味噌は、韓国味噌(テンジャン)。粉唐辛子と青唐辛子が辛みをグンと持ち上げる。キリリと辛さの主張の中に、野菜の甘みがとろりん溶け出してます。
(写真左下)「シソキムチ(\500)」…韓国のえごまを自家製唐辛子で漬けたもの。ビシッと引き締まった辛みが、マッコリのおつまみにぴったりです。
「味噌汁」の素になっている味噌は、テンジャンという韓国の豆味噌。煮た大豆を潰して味噌玉を作り、それにカビをつけて、塩水に浮かべて作られたもの。原料が大豆だけなので、米麹や麦麹を使う日本の味噌に比べて甘みがなく、旨みと塩味が勝った味噌なんです。このまま、いただくとしょっぱすぎるんですが、少量の味噌を野菜と一緒に煮込むことで、食べごろの味に。日本の味噌汁は、最後に味噌を入れますが、韓国風は、最初に入れて煮込んじゃうんですって。こうやって煮込むほどに、うまみが増すそうです。
鍋は、この他に「鴨鍋」「鶏鍋」等が揃ってます。どちらもしっかり野菜入り。これらは、とくにスタミナをつけたい方におすすめだとか。また、単品料理も、かなり充実。見慣れない食材は、韓国から空輸。調味料もおかみさん秘伝です。
「お母さん」と呼びたくなるおかみさんが、にっこり笑顔を見ながら味わう“オモニの癒しおうち韓国鍋”。ヨン様も食べにこないかな〜。
(写真下左)「人参ジュース(\350)」…高麗人参にはちみつと牛乳を加えたもの。飲みにくい高麗人参が、これにてお子ちゃま味に早変わり。ジュース版「ミルク飴」といったところかな。
(写真下右)「松の実入り柚子茶」…おかみさん特製。「寒い外に出ても、体ポカポカ長持ちだよ〜」と食事の後に冬場はサービスで出してくれます。日本で言う生姜湯みたいですよ。
img
(写真上)「プッコッチヂミ(\1,200)」…ニラ・人参・玉葱・赤ピーマン・イカのゲソ入り。なんとも具沢山。つなぎの粉は極微量。ボリューム満点ながら、とってもヘルシー。
MAP 古家庵(こかあん)
東京都港区赤坂3-20-8臨水ビルB1F
(地下鉄赤坂見附駅より徒歩3分)
tel:03-5570-2228
open:11:30〜14:00(LO) 17:00〜23:00(LO)
定休日:日曜・祝日
席数:お座敷35席
MAKIEの才色兼備のレストランTOP