女性誌メルマガ登録 試写会のご案内

Ads by Glam

バックナンバー検索
検索結果
多目的に使うキッチンのオープン棚(2) 野菜ストッカーもゴミ箱も棚にすっぽりイン!
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
次は、電子レンジ下の使い方アイディア。床からのスペースを高く取り、縦長の引き出し式ストッカーを組み込むの。 このタイプのストッカーはサイズもいろいろあり、1か所にパッチワークのように組み合わせられるのが魅力。無駄なスペースを作らないように、きっちりとサイズを計算してグッズを選ぶのがコツよ。写真3番目が組み込んだ野菜ストッカー。じゃがいもや玉ねぎなどの根菜類はここに入れておくの。引き出しがすのこ状に
多目的に使うキッチンのオープン棚(3) 横のスペースはおしゃれに見せる収納に
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
こうしたオープン棚だと、S字フックを使って何かを引っかけたくなりますよね。その気持ち、すごくわかりますよ。でも、そこでスーパーの袋なんか引っかけたらNGよ。見える場所は、おしゃれに!写真4番目のようなカチッとした布地のウォールポケットなんてどう? 筆記道具やノートをちょっとしまっておくスペースとして使えるわよね。 引っかけは便利だからもちろんOKだけど、見た目も考えて、といことよ。(よ)
多目的に使うキッチンのオープン棚(1) 家事机の正体は、なんとガスコンロ用テーブル
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
写真1番目のようなスチールシェルフは、置きたいものに合わせて自在に棚と棚の幅を変えられるのが賢いところ。今回はその便利さにプラスのアイディアを加えた使い方を紹介します。 まずはガスコンロ用テーブルを組み込むアイディア。主婦は毎日大忙し。調理途中に電話がかかってきて、フライパン片手にメモをとるなんてこともあるだろうし、ちょっとした作業のために小さな机があったらいいなと思うこともあるでしょう。 でも、
キッチンの道具は目の前に並べるのが使いやすい(1) 水切り棚をオープン棚にして鍋収納
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
よく使うものは、手間なくサッと取れるのがいちばん! 調理に欠かせない鍋はやボウルは、作業の流れでいえば最初に水を使うし、最後も洗うになるから、シンク前に収納するのがいいの。 しかも、戸棚の中ではなく、オープン棚がベスト。写真1番目のような棚がセットできれば、鍋は洗った後に拭いて、そこに戻せばOKだから便利ね。 写真のお宅はゆきひらの鍋が多いけど、家庭料理を作るにはこの鍋が最適なのよ。ちなみにゆきひ
キッチンの道具は目の前に並べるのが使いやすい(2) ガス台前には鍋のふたや調味料を並べて
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
鍋を数個重ねて棚に並べると、ふたは別の場所にしまわなければならないわよね。どうするかというと、ひとまとめにしてかごに入れちぇばいいわ。ふたは火を使うときに必要だから、ガス台前が収納場所よ。 かごはどんなサイズのふたも入るよう、大きなふたのサイズに合わせて。燃えない素材がベストよ。 調味料も箱にひとまとめ。色もサイズもバラバラのびんは、キチッとした箱に入れるとすっきり収納できるの。箱の素材もふたのか
キッチンの道具は目の前に並べるのが使いやすい(3) 包丁や調理道具は通気性よく片づける
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
包丁や調理道具もサッと手に取りたいわよね。写真3番目のように、バットにタオルを敷いて並べる方法はどうかしら。小さい子供がいるから包丁は心配という家庭は、こうしてしまって高い場所に置けばいい。多少残った水気もタオルがちゃんと吸い取ってくれるから清潔よ。 木製の道具が多いお宅なら、写真4番目のように通気性のよいかごがおすすめ。写真のかごはおそばの湯きり用。天気のいい日はこのまま外に干して、完全乾燥させ
衣類の収納量、型崩れ防止、使い勝手はしまい方次第(3) 下着は個人別に分ける? それとも種類別?
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
やっぱり下着は家族ひとりひとり、別々にしまうほうがわかりやすいわよね。収納する場所は脱衣所が最適だけど、スペースがなければ、それぞれの部屋のたんすなどにしまって。 それから、下着はどんどん増えてしまうものだけど、個人のライフスタイルや好みによってその数は違うから、何枚あれば充分、ということは一概にはいえないもの。そこでね、下着を収納するスペースをあらかじめ決めて、そのスペース以上に数を増やさないよ
衣類の収納量、型崩れ防止、使い勝手はしまい方次第(1) レーヨン類は掛けて、ニット素材はたたむ
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
セーターやニット類など伸びる素材をハンガーに掛けて収納すると、ビロ〜ンと伸びちゃったなんてことないですか? 衣類はハンガーに掛けちゃえばたたむ必要がないので簡単にしまえるけれど、何でも掛ければいいというものじゃない。掛ける衣類とたたむ衣類はちゃんと区別しなくちゃ。 ということで、セーターやニット類は、たたんで収納するのがいいわ。その際、おしゃれ着や大切な衣類以外は、写真1番目のようにロール状に巻い
衣類の収納量、型崩れ防止、使い勝手はしまい方次第(2) クローゼットで洋服がシワにならない量は?
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
大切な衣類をハンガーに掛けて収納しても、ぎゅうぎゅうに掛けたりするとシワができちゃう。予防するには、ある程度の間隔をあけるのが条件ね。 クローゼットに掛けた衣類と衣類の間に、手が楽に入ってサッと出し入れできる間隔ならシワになりにくいわ。その間隔を保って掛けることがおすすめね。 でも、洋服が多すぎて、それは無理だという場合には、掛けるときに工夫をすればいい。写真2番目のように、衣類と衣類の間を両手で
子供収納は入れる物のサイズに合うボックスを選ぶ(3) 物に合わせたボックスで定位置を決める
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
写真3番目は幼稚園バッグや帽子をちょっと入れておくのに便利なスタッキングケース。毎日使う物はたんすにしまわずに、こうした場所を設けてあげるといいですね。帰ったら自分で指定の場所へ置く。こうした習慣が身につくことはとてもよいことよ。 場所が用意されていないから、子供はあっち置いたり、こっち置いたりになるの。「ここへ」がきちんとあって、できたら誉めてあげることを繰り返せば、いい子になるはずよ。 それか
子供収納は入れる物のサイズに合うボックスを選ぶ(1) 子供が自分でしまえるよう、ボックスを用意
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
子供って、散らかったおもちゃを親が片づけたと思った矢先に、また盛大におもちゃ箱をひっくり返して遊びますよね。小さい子のいるお宅なら、日々、その繰り返しじゃないですか? でも、子供がおもちゃを散らかして遊ぶのは当たり前のこと。活発っていうことで、あきらめたほうがいいわよ。 それより、どんなに散らかしてもいいから、ちゃんと後片づけをするように教えたほうが教育的!  そのためには、子供が片づけやすいよう
子供収納は入れる物のサイズに合うボックスを選ぶ(2) 細かい物はボックスに仕切りをつける
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
細かいおもちゃや文房具は仕切りのない箱にポンポン入れると、見つけ出すのが面倒!  だから、小さなおもちゃは写真1番目のように、仕切りを作ってしまうのがいいわよ。ひとつの仕切りに2〜3個ずつ入るサイズなら、子供が欲しい物が自分で簡単に見つけられていいでしょう。 片づけるときもパズルをはめ込む感覚だから、子供もしまうのが苦じゃなくなるはず。 文房具も大雑把に仕切るケースを使うと、きちんと物が整理できて
ベランダに仕掛ける裏ワザDIY収納(1) 収納場所は家の中だけでなく、ベランダにも注目!
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
家の中をくまなく探せば、小物を入れるくらいのデッドスペースは意外にあるもの。とはいえ、スキーの板などの長くて重いものをしまう場所はそう簡単に見つからないですよね。 ましてマンション暮らしの場合、納戸などの大型収納スペースがない限り、きちんと収納するのは無理よね。でも、デッドスペースの場所を家の中だけでなく、ベランダに向けたらどうでしょう。写真1番目を見てください。一般的なマンションのベランダですが
ベランダに仕掛ける裏ワザDIY収納(2) ふたを外せば床下はスキーの収納スペースに
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
写真2番目を見れば、そのアイディアが一目瞭然! そうなの。床の下に収納場所を作ったってわけよ。 スキー板を横にして収まるように、木を組んでしっかりと土台を作り、その上に床材を張ってあるの。一部はふたにして、取り外しがきくようにセット。 ふたの部分を開ければ、ほらご覧のようにスキー板が収納できるスペースに! 1年のうち短い期間しか使わないものだから、少しくらい取り出しに不自由があっても平気。それにベ
キッチンにひとつあると便利なオープン収納棚(1) 棚ひとつ置けば、家電製品がきちんと収まる
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
キッチン内でちょうどいい場所に設置されていないことが多いのが、電子レンジやオーブントースター、炊飯器、電気ポットなどの家電製品、じゃがいもや玉ねぎなどの根菜類、そしてごみ箱と言われているの。 ダイニング・テーブルの上にポットなどを置いたり、冷蔵庫に保存しない根菜類が床を占領したりしている家庭も多いんじゃない? ごみ箱なんて、作業通路をふさいでキッチンの作業を邪魔しがちよね。 今回はその困りものたち
キッチンにひとつあると便利なオープン収納棚(3) こまごま食品はかごなどに入れてカバーリング
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
棚はシステム収納棚じゃなくてもOK。写真1番目のような頑丈なステンレス製のオープン棚、エレクターを使っても同じような使い勝手よ。このお宅は、炊飯器やポットなどの家電を収納し、そのほかのこまごまものはかごや箱に入れてしまっている。写真2番目は飲み薬やハンドクリームなど。これらはキッチンにあると何かと便利よね。雑多に見えがちなので、かごにまとめて布でカバーリング。写真3番目はワインの木箱に乾物、インス
キッチンにひとつあると便利なオープン収納棚(2) 背の高いオープンな収納棚を設けて解決!
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
そんなお悩みは、背の高い棚板が可動式のオープン棚を設けることで、すっきり解決するわよ。 棚は板材が幅、長さとも数サイズ揃っていて、しかも希望に合わせて自由にサイズをカットできるシステム棚が便利。ねじ穴、棚板のダボ穴、組み立て用の各金具もすべて揃っていて簡単にできちゃうの。日曜大工が得意な人なら、1時間ほどで完成するほど。このような板はDIY店で市販されているので、一度下見に行くといいわ。 棚と棚の
化粧品など身支度品は数を決めてひとまとめに(1) 基礎化粧品はさわやかにディスプレー収納
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
化粧水や乳液などの基礎化粧品は朝晩使うものだから、しまい込まないでオープンに並べたいもの。でも、洗面台まわりって、そんなに空間にゆとりがあるわけじゃないわよね。 そこでね、壁面にちょっとした棚を取りつけて、そこに専用の収納場所を設けるのはどうかしら。写真1番めがそうなんだけど、棚の奥行きはそんなに必要ないから、あまり場所をとらないでしょう。 清潔なイメージを演出するために、基礎化粧品は白や半透明の
化粧品など身支度品は数を決めてひとまとめに(2) 化粧品は引き出しひとつ分と決めて、増やさない!
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
化粧品は口紅がスティック、紅筆などがペンシル、それにブラシ、コンパクト、下地はチューブタイプなど、形の違うものが多種類あって、きちんと収納するのはなかなか大変。 それに、使いきっていないのに新しいものを買うと、以前のものまでとっておくから、数が増えちゃう場合も。でも、使うのは結局一種類なので、買うときも慎重にしないとね。 それより、例えば、「私は引き出しひとつ分しか持たない」というように、場所を限
化粧品など身支度品は数を決めてひとまとめに(3) ヘアー小物は100円グッズで仕切り収納
Muffin-Net 発想転換!散らかし上手の美・収納
髪を長くしている女の子のいるお宅は、リボンや飾りゴムなどがたくさんあるんじゃない。これらも入れる引き出しをひとつ決めて、しまうのがいいわよ。 ポイントは、100ショップのグッズや空き箱、フィルムケースなどを使って、もの別に仕切ること(写真4番め)。 きちんと入れる場所が決まっていると、子供も自然に片づけの習慣がつくもの。それにきれいな髪にまとめるのに、道具がごちゃごちゃじゃ、ちょっと悲しいじゃない